不動産を有効に活用したい人へ

借地借家法において、建物の所有を目的とする地上権または土地賃借権のことを定期借地権と呼称しています。
定期借地権にはいろんな種類がありますが、最も存続期間の長いのが「一般定期借地権」です。
これは、借地権の存続期間を50年以上に設定しており、契約期間終了後、借地権が確実に消滅するという借地契約のことなのです。
契約期間終了後、土地を借りて建物を建てた借地人は、建物を撤去して借りた土地から出ていかなければなりません。
つまり、地主は土地を借地人に貸すことで、毎月の地代収入が入ってきます。
契約更新や期間延長がないので、契約期間終了後には土地が更地になって戻ってくる形態になっています。
一番のメリットはここにあります。
50年の期間に、固定資産税や物価の上昇分を補てんすることもできます。
また、保証金を金融資産や事業用に使っても、これは課税対象にはなりません。
ですから、無利息の預かり保証金でもって相続税の納税資金に充当できることも、大きな魅力となっています。
家を建てるにあたっては、土地と建物が必要です。
ただ、一般的なサラリーマンの場合は、土地を購入し建物を建てるというのは大きな負担であるのが現実です。
そういった意味でも、建物のローンと地代だけで済むのは非常に経済的な利益につながります。
もちろん、土地は他人のものですから、最終的には、建物を解体する必要がありますが、50年の期間は、夢のマイホームをエンジョイすることができるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。