不動産を有効に活用したい人へ

建物譲渡特約付借地権とは、借地権の権利消滅を30年以上に設定して、借地権の契約期間終了後は、地主が借地人から建物を買い取ることで契約が終了する借地契約です。
借地契約後は、借地人は一定の賃料を払うことで土地を利用する権利を得られますが、30年以上経過した場合は地主が建物を買い取り日に契約が終了してしまいます。
この契約の最大の特徴として、契約終了後は建物の権利は地主の所有物となることです。
しかし契約終了後も、建物を利用している借地人または借家人が居る場合は、借地人・借家人はそのまま継続使用の請求をすることができ、その場合は定期借家契約をすることで継続利用することが可能となります。
建物の譲渡方法には、あらかじめ借地の契約時に30年を過ぎた際の特定日を設定し、その日に買い取りを実行する方式か、特定の日を設けないで30年を過ぎた任意の日に行うかと、借地と売買の契約を同時に締結するかのが一般的となります。
また、契約時に関しては特に書面による契約は必要ではなく口頭でも可能とされていますが、30年以上と比較的長期にわたる契約となるので、将来の紛争を予防するためにも書面による契約書を作ることが望ましいとされています。

コメント

コメントを受け付けておりません。