不動産を有効に活用したい人へ

自己建設方式

カテゴリー 未分類

「自己建設方式」とは、地主が自己の土地にビルやマンションなどを建設して土地の有効活用を図る場合に、企画立案から資金調達、設計や建築工事といった業務の発注、建物竣工後の管理・運営などの一切の業務を自ら行う方式のことをいいます。
この方式は、デベロッパーに事業を委託する場合などと比較して中間マージンを最大限カットすることができることから、事業費をより安く抑えることが可能であり、また、建設後の建物の管理・運営でも高い収益を上げることができるというメリットがあります。また、信頼できる業者に個別に業務を発注することになるため、透明性を確保しながら自分のペースで思い通りに事業を遂行することができます。
ただし、事業のすべてを自分で行うことになるため、土地活用や建物の管理・運営に関して相当高度な知識・経験をもっていることが前提となるほか、借入金などを含む資金調達も自分自身で行うこととなるため、事業に対して他の方式よりも高いリスクを背負わなければならないという大きなデメリットがあります。
このようなデメリットを抑えて事業を成功させるためには、例えば経験豊富な建設コンサルタント業者に第三者的な立場でのアドバイスを求めるなどの工夫があわせて必要となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。